一昨日・・・

釣竿を新調したのは三原市内の釣具屋でした。なぜ三原?かというと①仕事で便があった②鬼嫁の見舞い(義理の妹も同部屋へ入院中)も兼ねてでした。でも一番は1.2号と1.5号ともに在庫があるのを知っていたから比べられる・・・。で、1.5号を購入・・・昨日、福山の釣具屋へ行くと1.5号の値段が2000円も安かった。。。ショックです・・・しかもダイワ何とかキャンペーンのくじ引きしてな~い!!!あぁ~あ・・・景品は帽子???夏に買っわぁ・・・

その後、仕事を済ませS波港へ見学に行くと、チヌ狙いらしき人が準備を始めて様子を見ると・・・長い竿・ダンゴ。。。紀州釣りか???と思ったらウキなしでダンゴ釣り。。。干潮前で水深が気になり15m程投げた仕掛け回収時のリールを巻く回数を見ると7回???浅くない???途中、管理人がゴミ拾いに来て話をしたところ。干潮時でも5mはあるだろうとのこと。。。ホントに???って感じですが。。。話しをしてると午前中には25センチクラスを12枚程釣って帰ったとのこと。このポイント今度行ってみようかと思いますが、桟橋酔いするんでどぉかな。。。

あと、この北にある長い護岸から出ている波止の付根、波止自体は立入禁止なんで護岸から波止に沿ってダンゴ投げるのも面白そう♪雰囲気的に深そうぢゃし♪車横付けできるし♪ただ、平日の日中は釣り人を見ますが、入り口には門があるので土・日や早朝などに立ち入れるかがわかりません。

尾道のY和漁港にも立ち寄り海を除くと、最近ここで見なかった見えチヌが泳いでます。昨年秋はここで半日弱で25~43㎝を16枚という経験をしてますが、そのポイントは波止の足元と桟橋までの約4mの間なんですが今年の初めからそのポイントに小型ボートが係留されています。ここは基本的に波止の足元がポイントなんで、遠投の魅力はありません。船のGS桟橋横は護岸から遠投しても面白そうですが、海底の状況・水深などは不明です。。。久々に行ってみたいポイントではあります。

昨日は昼休みに会社近くで地元のY津港を見ました。ここはホント魚影が濃いです。満潮時に行くと護岸から手が届きそうなところを40・50センチクラスがわんさか浮いて回遊してます。でも、周りのイカダ竿を使ったダンゴ釣り師を見ると釣れてない様子。ここと、もう2つ南の漁港は魚影が濃いわりには思うようには釣れないようです。。。

さて、日曜日の天気も良い方向になってきたので楽しみ倍増です♪もしかしたら・・・月曜日も行っちゃうかも♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F's

Author:F's
丘っぱり・イカダ、何処ででも遠投が基本的スタイルです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
タイドグラフ
リンク
QRコード
QRコード